スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしの好きな猫の本

 
7/3(Sat.) 

今日は風が涼しい。 気持ちいい~。

    ひなこはタンスの上で、さとしはお気に入りの籐椅子でお昼寝中。

    静かな午後です。

    眠っている猫を見ていると人間も眠くなってしまう。

    不思議ですね。

    もともとの低血圧がどんどん下降中。


    さて、今日は、お気に入りの猫の本のことを・・・。  





I Love 漱石先生!


 ● 「吾輩は猫である」/ 夏目漱石

   毎年お正月には読みます!

   敬愛する漱石先生の不朽の名作。

   皮肉屋の苦沙弥( くしゃみ )先生と、名もない飼い猫「我が輩」との微妙な距離感が

  いいですね。 くすくす笑いながら、しみじみしながら読んでいます。

   猫の目から見た人間て、どんな風に映っているのかしら?








可愛すぎる、百先生・・・


 ● 「ノラや」/ 内田百  

  漱石先生繋がりで、内田百の作品。

  「フランダースの犬」に負けないくらい、号泣しました。

  大人の男性が、愛猫に対する深い愛情をこれほど率直に表している姿には

 感動で、胸がいっぱいになりました。
 
  こうして書いているだけでも泣きそう・・・。






心が温まる、絵とお話し
   

● 「ポテト・スープが大好きな猫」/ 作:テリー・ファリッシュ  絵:バリー・ルート 
                        訳:村上春樹


 アメリカの作家の絵本デス。

 老人と老いた雌猫のお話。 絵も文章も素晴らしいです!

 二十三年間寄り添ってくれた初代の猫を思いだし、泣きました。(よく泣く女!)

 雌の猫と暮らした経験のある方なら、誰でも共感できるはずです。







きれいな猫医学書


● 「あなたのネコがわかる本」/ ブルース・フォーグル博士 

                   
  博士がネコの行動学を、たくさんのきれいな写真でわかりやすく説明してくれます。

  初めて猫と暮らし始めたとき、何冊も本を読みましたが、

  この本は写真がきれいなので、今でも飽きずに見ています。

 






年はとっても心は少女♪
 
●「綿の国星」/ 大島弓子  


 漫画ですが、文学だな~と思います。

 まだ若かった頃、

 猫の気持ちも人の気持ちも、この漫画から学んだ気がします。 

 恥ずかしながら、今読んでも胸がキュンとなります。 






 
こんな風に描けたらな~


●「猫の本」/ 藤田嗣治

  
 画家、藤田嗣治の画文集です。

 なぜこんなに生き生きと猫の体や表情が描けるんだろう!

 猫好きの方はぜひ見てみてください。

 あなたの猫にそっくりな猫が見つかりますよ。 



 まだ、まだ、心に残る猫の本がたくさんあります。

 そう言えば、「What's マイケル?」って、おもしろかったですよね♪

 





  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

scots pine

Author:scots pine
はじめまして、
愛する猫たちとの日々の生活を
のんびり綴っていけたら、と思います。

どうぞ、よろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。